弔問・会葬の作法

服装

通夜の服装

とり急ぎ通夜の弔問にかけつける時は、平服のままでかまいません。先方も用意が整っていない場合が多く、また礼装で訪れたのでは不幸を予期していたようで、かえって失礼です。とはいえ、なるべく地味な服装が望ましいですし、男性の場合はできればネクタイと靴下を黒に換えてもよいでしょう。

葬儀・告別式の服装

葬儀・告別式に参列の時の、一般の会葬者の服装は通常礼服です。しかし、特に親しい間柄でない場合には、黒目の礼服でかまいません。男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴。女性は黒もしくは地味な色のスーツもしくはワンピース、それに黒の靴が望ましいでしょう。男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けましょう。

通夜

通夜とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは近親者に限られます。通夜は正式な儀式ではなく、身近な親しい人の集まりなので、厳密なしきたりといたあものはありませんが、席順は血縁の近いひとから祭壇のそばの席に着くのが普通です。
通夜振る舞いまどを喪主からすすめられた場合には一口でも箸をつけるのが礼儀ですが、喪主の家族は看病疲れや、葬儀の準備などで忙しいはずですから、なるべく早めに切り上げるようにしたいものです。

遺体との対面

遺族から勧められない限り対面は控えるのが礼儀です。対面の作法は、まず遺体の枕元から少し下がって正座します。一礼のあと、遺族が顔の白布を外したら膝をつけたまま近づきます。対面のあと、もう一度一礼して合掌します。そして遺族にも一礼するのですが、この時「安らかなお顔で…」などの言葉をかけたいものです。

お悔やみの言葉

お悔やみの挨拶は、平凡でありきたりのもののほうがよいでしょう。余計なことを言うと、かえって差し障りができてしまうことも考えられるので、短くすませましょう。病状などをくどくど聞くのは失礼です。また、「なお・また・再び」のような忌み言葉と、「度々・重ね重ね」のような重ね言葉は避けるべきだと言われています。

お悔やみ言葉例

『この度は誠にご愁傷様でございます。突然のことでさぞやお力を落とされていることと存じます』
『突然のことでお慰めの言葉もございません。心より回復を祈っておりましたのに、本当に残念でなりません』
『この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りいたします』

弔辞

弔辞を頼まれたら断らないで引き受けるのが礼儀です。弔辞は喪家に保存されますので、丁寧に書くべきですが、文章は真心が伝わるように自分の言葉で書くのがよいでしょう。
ごく一般的な弔辞文作成のポイントを簡単にまとめておきます。

  1. まず、亡くなったことへの悲しみを述べます。
  2. 次に故人の業績や人柄を、あまり大袈裟にならない程度に讃えます。
  3. そして遺族を励まし、自分にできることがあれば力になりたいと誓います。
  4. 最後に故人の冥福を祈り、結びとします。

ここでも忌み言葉は使わないように注意しましょう。正式には厚手の巻紙に書きますが、最近では経本のようにジャバラ折りにすることも多いようです。そして奉書で包み、表に”弔辞”と書きます。

弔電

葬儀に出席できない場合、電話でのお悔やみは避けるようにしましょう。喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話をしようしなければならないからです。なるべく電報を利用するようにしましょう。

・・・弔電の文例・・・

『謹ンデ哀悼ノ意ヲ表シマス』
『ゴ逝去ヲイタミ御冥福ヲオ祈リ申シアゲマス』

その他のマナーと心遣い

香典・供物などの表書きは喪家の宗旨宗派に合うよう配慮します。また香典のお断りがある場合は、無理に渡すことは控えましょう。精進落しや、通夜振るまいなどを喪主からすすめられた場合には一口でも箸をつけるのが礼儀ですが、施主の家族は看病疲れや、さまざまな心労があっることも考えられるので、なるべく早めに切り上げるようにしたいものです。

焼香・礼拝のしかた

お焼香の作法

お焼香の仕方は宗派などによって違いがありますが、基本的には以下の流れで行います。


  1. 遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ、頭を下げて黙礼します。

  2. 右手で香をつまみます。

  3. 額のところまで押しいただきます。
    (浄土真宗では押しいただきません)

  4. 香炉に静かにくべます。
    これを宗派で決められた回数行うのですが、二回目からは額でおしいただく必要はありません。
    ※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。

  5. 合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し、退きます。

お焼香の意味

仏教では、お葬式をはじめ、さまざまなご法要の折に必ずお焼香します。これにはお仏様を荘厳することによって敬虔な心をささげるという意味があります。香は人の気持ちを快くするものですが、それと同時に芳香によって身心を清めるといった意味もあります。香は仏教だけでなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などで用いられているようです。
普通、近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられます。

お数珠のかけかた

お数珠はもともと、お経やお題目をあげる時にその数をかぞえる法具でした。今ではお経やお題目を唱えたり、仏さまを礼拝する時に手にかけてお参りします。
お数珠は持っているだけで功徳があるとされ、普通108の珠からできています。これは、108の煩悩を退散・消滅させる功徳があるからだと言われていますが、珠の数はこのほかにも、108の10倍の1080のものから1/6の18のものまでさまざまあります。
形式については宗派によって若干の違いがありますので、求められる時に確認したほうがよいでしょう。また、お数珠のかけかたも宗派によって異なりますので、代表的な宗派について紹介します。

天台宗 臨済宗・曹洞宗 浄土宗 浄土真宗本願寺派 真言宗 真宗大谷派 日蓮宗

合掌のしかた

合掌は仏さまを尊び、供養する気持ちをあらわしたものです。一説によれば、右手は仏さまを表し、左手は私たち凡夫を表すと言います。手を合わせることによって仏さまの境地に私たちが近づけるというのです。いずれにせよ、掌を合わせることによって心が落ちつき、精神が安定するのではないでしょうか。
合掌のしかたは、まず、指と指の間を離さずくっつけて、掌をピッタリと合わせます。そして、位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。掌の角度は45度くらい。肘は張らず、脇も力を入れて締める必要はありません。肩の力を抜くようにすればよいでしょう。厳密に言えば合掌にもいくつかの形があるのですが、この形がもっとも代表的なものです。

香典の表書き

仏式

葬儀の時の表書き

黒白の水引を使います。表書きは上段中央に、「御霊前」と書くことがもっとも多いようですが、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。ほかに「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

忌明け(四十九日)後の法要の表書き

黄白の水引を使い、「御仏前」と書きます。「御供物料」と書く場合もあります。

神式の表書き

銀の水引を使って、「御玉串料」と書きます。「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。

キリスト教の表書き

「献花料」や「御花料」と書きます。水引はなくてもかまいません。

二人で一緒に包む場合

横に並べてそれぞれの名前を書きます。

グループで包む場合

半紙などにメンバー全員の名前を書き中袋に入れます。表書きには「○○会有志」とか、「○○会社営業部一同」のようにグループを表す名称だけを書きます。

御香典の表書きとは

昔は各自がお香を持参して仏さまにたむけていました。今はお香を持参するかわりに、お香の費用を御香典という形で包むことになったのです。神式の場合には、お香ではなく玉串を神前に供えるので「御玉串料」というわけです。キリスト教の場合は花を供えるので「御花料」となります。

御香典を郵送する場合

通夜・告別式とも出席できない時には現金書留で御香典を郵送します。この場合、まず、現金を御香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。その際には出席できない理由と、故人を偲ぶ手紙を添えたほうが、心がこもるでしょう。

御香典の出しかたの注意点

御香典は遺族の方が後で整理しやすいように出すことが重要です。
住所や氏名は見やすいように書きたいものです。
また金額もはっきりと書くようにしましょう。

ふくさの包み方

御香典の供え方

御香典を御霊前に供える時は、表書きが自分から読める方向にして供えます。
受付で係りの人に渡す場合には逆に、係りの人が読める方向にして渡します。

供花や御供物の手配や、斎場へのお届けも承っております。ご葬儀についてわからないことがあればダイリンへお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
↑ ページの先頭へ戻る