新米ブログ

2015年10月01日

お世話になります。営業部の内田です。

だいぶ涼しくなり過ごしやすくなってきましたね。

皆様いかがお過ごしですか?

葬儀には色々な「カタチ」がありますが、今回は神式についてお話させて頂きます。

仏式はお寺の住職様がお経をおげますが神式では神社の宮司または祭主様が祝詞(のりと)をあげられます。

用意するものも仏式とは違います。

まず祭壇、そして位牌も霊璽(れいじ)と呼ばれる物になりお供えものに清酒、米、塩、野菜、果物、海の幸と様々。

仏式で勉強してきた私は恥ずかしながら正直戸惑いばかり。

式典もお焼香ではなく榊を使用します。

ただ「故人様」を敬い、尊ぶ気持ちは変わらないという事は感じました。

「カタチ」は違えどやはり気持ちが1番大事な事じゃないかと私は思いました。

ダイリンでの本当のお手伝いとは皆様が故人様とゆっくり「心」からお別れが出来るという事だと

私は思います。

まだまだ未熟者ですがこれからも心を込めて頑張っていきます。

IMG_1079

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

お問い合わせはこちら
↑ ページの先頭へ戻る