一般葬

2014年02月12日

一般葬とは、ご家族や身内だけで葬儀を行うのではなく、ご近所の方・ご友人・お勤め先の会社の方々など、故人と生前に関係があった方に、ご参列をしていただく葬儀です。

一般葬の流れ 一般葬のメリット・デメリット

一般葬の流れ

葬儀の進行は、ご住職や宗教者をお招きし通夜と告別式の2日間にわたって葬儀を行います。ご参列者の人数によって葬儀式場の大きさ等を考慮し、おもてなし等(返礼品・お料理)の準備も必要となります。

一般葬についての不安や質問がございましたら、どんなことでも結構ですので、何なりとダイリンスタッフへお申し付けください。

一般葬のメリット・デメリット

○ 家族や親戚はもちろん、関係者に一通りの挨拶ができます。
○ 故人が築いた社会的地位にふさわしい葬儀が執り行えます。
○ 参列者を特別に制限する必要がありません。
○ 事前相談をしっかり行い、来ていただいた方に気配りができます。
○ お手伝い(隣組)の風習がある地域は一般葬にて助け合いの心を継承します。

×多くの参列者がいらっしゃるので、気苦労など、ご遺族に負担がかかります。

葬儀費用の比較はこちら

カテゴリー

お問い合わせはこちら
↑ ページの先頭へ戻る